FC2ブログ

ロードバイクとランドナー

僕はランドナーで走っているときに「これがロードバイクだったら?」と思う事がよくあります。
例えばという話をMTBを含めて書いてみます。

・歩道にガツンガツン乗り上げる。
  ロード    × 
  ランドナー  ○
  MTB    ◎

・ダート 
  ロード   ×
  ランドナー△
  MTB  ◎

・平地
 ロード   ◎
 ランドナー ○
 MTB   ×

・積載量
 ロード   ×
 ランドナー ◎
 MTB    ○ 

ってな事を走りながら考えるわけです。
「あの青信号にはロードだったら間に合っただろうな。」
歩道にガツンと乗り上げて「今のは、ロードだったらアウトだな」とか
など、考えながら走るのもなかなか楽しいものです。
で、以前から疑問に思っていたことがあるんです。
それは、
「ひょっとして、登り性能はランドナーの方が上なのでは?」
もちろん、山岳用のロードなどは、それなりのアスリートが乗るので、
我々、凡人が激坂に挑む場合の話です。

かなり前の話ですが、登りで足を着かずに上がれるかどうか?という事に
こだわっていらっしゃる方がいたのが印象に残り、
”例えば”という話で、銭瓶峠と佐賀関の坂が出てくるので、
ロードを購入する前に、一度ランドナーで行ってみようと前々から思っていました。
で、今回思い当たる大分市内の坂は一応登ってみたので、
感想を書いてみたいと思います。

やはりランドナーは登りに強い!というのが結論です。(凡人にはという条件付)
素人はガンガンに踏むことはできませんから、軽く回す感じの方が
グイグイ登れると思います。(実際僕がそうです)
って事は、軽いギアの方が有利というわけです。

ロードバイクのフロントギアはコンパクトクランクでも34Tぐらいです。
これって、僕の感覚から言うとかなり大きいのです。
なんてったってランドナーのフロント・インナーは28T。
さらに、リアのインナーも28Tなので、ギア比は1:1。
しかも、ホィールがロードバイク27インチに対して、ランドナーは26インチ。
絶対的なギア比はかなり低いのです。( ̄へ ̄|||)
実は、これで50kgほどの荷物を積んで、5~6時間、登りっぱなしなんて事も、
できてしまうんですよね。

対してMTBはどうか?
ギア比もホィールサイズも似たようなもの。
しかし、タイヤが違うんですよね。
通常のMTBは、乗れば判りますが転がり抵抗が大きい。
スリックに交換した場合は未体験なのですが、どうみてもランドナーよりは不利です。
さらに、ドロップハンドルの威力が大きい。
どんな登りでも同じような角度は続きませんから、ポジションを変えられるドロップの
利点も見逃せません。

このように考えると、激坂をタラタラと時間をかけて登るという条件であれば、
ランドナーはかなり有利ではないかと思うのです。
先日の関崎灯台下の登りでは、距離がたいした事がなかったため、
気持に余裕ができて、力いっぱい踏んでみました。
それなりの角度がある登りの場合、最低のギアで思いっきり踏むとどうなるか?
MTBに乗っている人は知っていると思いますが、
実は簡単にウィリーしてしまうのです。
ウィリーが良い事かどうかは別にして、それぐらいの加速力があるという事です。

って事で、ランドナーは登りに強いという結論を導いたのですが、
どうでしょうか?
もちろん、トップ・アスリートは、高いギアでガンガン登るわけですから該当しません。
自分がトップ・アスリートではないと自覚すると、ロードバイクでの登りは
ちょっと恐くなってくるのですが、どうでしょうか?(´・ω・|||)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑ランキングに参加してみました。
どうかなぁ????

◆ホームページもやってます。こちらも、よろしく!!
  
アウトドアライフ



スポンサーサイト



佐賀関サイクリング

前回の続き、関アジ・関サバで有名な佐賀関サイクリングを紹介しましょう。
今回の目的は二つ。
一つは関崎灯台の坂を登ること。
もう一つは「クロメたこ焼き」を食べること、です。ヾ(・_・;)うへへ。。。

まずは大分市内から2時間ほどかけて佐賀関までやってきます。
途中、ロードバイクに乗ったおじいさんに会ったのは、前述のとおり、
その後、コンビニ弁当で腹ごしらえをしたあと、イザ、佐賀関半島一周コースへ出発!
というわけです。

漁港で弁当を食べながら思ったのですが、
佐賀関はとにかく釣りをする人が多い。
あっちで釣り、こっちで釣り。
それが、どこもけっこう釣れているんですよね。
趣味と実益を兼ねて、釣りも良いなぁ・・・て余談でした。m(_ _)m

で、まずは半島の先端部までは平坦な道です。
途中の夫婦岩です。
NEC_0328.jpg

道がかなり低いので、平静なときでも、波が上がってくるんですよね。
ボロのランドナーが、さらにボロになりそうで恐かったです。
NEC_0329.jpg
コチラは、豊後水道の方向です。
向こうに見える島の先にかすんで見えるのは四国です。

NEC_0330.jpg
黒浜です。
ここから、関崎灯台までが激坂になります。
このビーチは、砂ではなく、大きな石がゴロゴロとした海岸で有名です。
波除の石垣もちょっと変ってるでしょ。

で、いよいよ、お待ちかねの登りにチャレンジ!
で、はりきって登り始めたんですが、
・・・ん?
もう着いた?ってぐらい簡単に上がってしまいました。
以前、県民の森や九六位峠に比べるとあっと言う間でした。
やはりランドナーは登りには、かなり強いのかな??

て事で、関崎海星館の入り口で写真を撮りました。
NEC_0332.jpg
良く見ると白波がかなり見えるのですが、
ウィンドサーファーは、「おお、ブローが入ってるなぁ」なんて思わないように。
これは潮が流れてるだけで、ほぼ無風の状態なんですよね。

て事で、さほど苦労はなく(時間はかかってると思いますが)佐賀関半島は一周したので、
次の目的、「クロメたこ焼き」に向かいます。
現場は「道の駅さがのせき」です。
これが、名物「クロメたこ焼き」です。
NEC_0333.jpg
「め」って言うシールを張ってなければ、見た目普通のたこ焼きですねぇ。(*^o^*)
で、食べてみてショックを受けました。
実は、クロメたこ焼きというのは、タコの代わりにクロメが入っていると信じていたのに、
実は、ふつうのたこ焼きに
クロメのソースをかけているのが「クロメたこ焼き」でした。
いや、思い込みってあるもんですねぇ。
言われて見れば、タコの代わりにクロメが入っているなら、
それは「クロメ焼き」ですよねぇ。
うーん、納得!

って事で「クロメたこ焼き」はどうだったか?
クロメの風味がある和風のたこ焼きですね。
ちょっと醤油辛い気がしましたが、クロメを楽しむという意味では、まぁ美味いかなってところ。
それよりも、クロメ独特のネバネバがソース全体にあって、
たこ焼きが糸を引くので、食べにくいのが辛かった!!
とにかく、一度食べてみたかったので、とりあえず満足です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑ランキングに参加してみました。
どうかなぁ????

◆ホームページもやってます。こちらも、よろしく!!
  
アウトドアライフ

ロードバイクが付いて来る!?

昨日は、久しぶりに丸一日サイクリングでした。
詳細は、別の記事に書くとして、タイトルのあるロード・バイクの話を書きましょう。

関アジ、関サバで有名な大分県の佐賀関の道の駅で、よく休憩するのですが、
昨日は、もう少し先まで行く予定だったので、その道の駅の手前の休憩所で休憩してました。
ところが、休憩している間にトイレに行きたくなり、「やっぱり道の駅に行こう」と
ペダルに足をかけたところで、目の前をスーと、鮮やかなグリーンのロードバイクが横切りました。
足の先から頭のてっぺんまでフル装備のロードバイクです。

このまま、行ってしまうのだろうと思っていたら、そのまま道の駅に入るじゃないですか。
僕はなんとなく、ランドナーに乗ってるのが恥かしいので、
自転車の話などされるのが、ちょっと苦手なんですよね。
で、先に道の駅に行かれたので、多少の躊躇がありました。

そのロードバイクの方は店の方に行ったように見えたので、
ま、遭遇することはなかろうっと思ってトイレに行くと、、なんと、トイレでバッタリ!
で、意外だったのが、けっこうなお爺さんだったのです。

「へぇ、すごいなぁ、こんな人が乗るんだぁ。
いくら年でも、ロードバイクだから僕よりは速いよなぁ。」


なんて思っていたので、「後ろをついていこう」って勝手に決心していたんです。
で、その方が出るタイミングを見計らっておりますと・・・。
なんと、店に入っていくではありませんか。
「これば待てない」と思った僕は、逆に後ろに付かれるのが嫌なので、
さっさと出発しました。

ところがなんとなんと!
僕が出るのを待っていたかのように、店から現れ、50mぐらい後ろにちゃっかり付かれました。
「相手はロードだ、絶対追いついてきて、長いこと引かされるぞ」って
いきなりドキドキです。

「追いつかれたら、さっさと先に譲るべきだよなぁ」なんていろいろ考えて、
ふと後ろを振り返ると・・・・いない。
(。・_・。)アレッ?

なんか、ずっと後ろの方に下がったぞ???
どうしたと言うのだ???
って、考えてるうちに目的の佐賀関サイクリングロードに入るため左折。
どこに行くのか気になるので、ペースを落とすと、
かなり遅れて、国道を直進されて行きました。

うーん、どうも僕の方が速かったみたいです。
なかなかどうして、器材より、多少の若さの方が勝っていたようです。
ロードに乗ってるってだけで、「すごい爺ちゃん」なんですが、
やはり基本的には若い方が有利なんですね。
つまらない事ですが、多少自信が出ました。
ランドナーもまんざらではないぞ!!\(*^0^)ゞ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑ランキングに参加してみました。
どうかなぁ????

◆ホームページもやってます。こちらも、よろしく!!
  
アウトドアライフ
プロフィール

ichiroh163

Author:ichiroh163
ホームページも
よろしくお願いします。

アウトドア・ライフ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
QRコード
QR
最近のトラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる